失敗しない水素水サーバーの選び方

水素水サーバーの種類も色々ある

 水素水サーバーにもたくさんの種類があり、手軽に水素水を飲めるのがレンタルサーバーです。メーカーからサーバーをレンタルして、毎月4000円~1万円を払います。サーバーを設置するための工事や定期的なメンテナンス、不具合が起きた時の修理、買い換えた後の片付けなどを全てメーカーが行うので、コストカットにつながります。レンタルに対応しているメーカーは少ないですが、数リットルもの水素水を比較的安くで飲めるので便利です。

 次にウォーターサーバータイプは、一般的なウォーターサーバーと同じ形状ですが、中に水素水が入っています。冷水と温水の両方が出るので、一般的な水素水サーバーでは面倒な水素水で温かいお茶を淹れることも簡単です。キッチンの水道管を分岐して本体に直接つなぐ水道直結型は、給水が不要です。水道工事をしたくない場合はガロンボトルや専用のボトルに給水するタイプを設置します。

 携帯水素水サーバーは、外出先でも水素水を飲めるようにしたもので、サーバーは小型化されています。水素は空気中に溶け込みやすいので、水素水をまとめて作っても飲む頃には水素をほとんど含まないことがあります。携帯型水素水サーバーを持っていると、いつでも作りたての水素水を飲めるので、たくさんの水素を体内に入れられます。水素水を作る時はバッテリーが作動し、水に濡れても問題ない商品がほとんどです。形状や水素水が完成するまでの時間などメーカーによって異なります。

 キッチンやオフィスの給湯室など狭い場所でも見かけるのが、卓上型の水素水サーバーです。家庭向けの一般的な水素水サーバーより貯水できる量が少なめですが、一度に大量の水素水を必要としない場合は十分に満足できます。机さえあれば工事をしなくてもすぐに水素水サーバーを導入できます。設置するのに費用がかからないので、最初は卓上型を購入して、必要に応じてレンタルやウォーターサーバーに変える人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です